MENU

お金の悩み

お金がないのも悩みです。独り身の生活ならお金が少なくてもよいですが。家庭を持っているとそうも言ってられません。家族が生活していかなければなりません。子供が生まれれば更にお金はかかります。

 

男の人の給料だけでは生活ができなくなり共働きをする家庭は多いです。そして昼間働き、夜もバイトしたり新聞配達をしたりするのです。全ては家庭のためです。そして体はボロボロになりストレスで疲れきっていきます。

 

一方で30歳を過ぎてから結婚する人はある程度の貯蓄があったり仕事で出世している人が多く金銭的に余裕があったりします。自分で事業を行っている人も多いです。20代で結婚する人達は特にお金の大変さを体で感じると思います。

 

社会の厳しさを知らないからです。しかし悪いことばかりではありません。かわいい子供の成長を楽しみ家族で楽しく生活ができます。また早くに結婚した人達は子供たちが早くに成人するため40代でゆっくりと遊ぶ時間を確保できます。

 

いまでは35歳以上に結婚する人達が多くなってきました。そのため35歳で結婚すると子供たちが成人する頃は60歳の還暦です。女の人は結婚を考える時に男の人の仕事や収入を重要視します。

 

お金がなくて貧しい暮らしで苦労したくないのが理由ですが、会社を経営している人、自分で事業を行っている人はやめたほうがよいでしょう。なぜなら仕事が急がしすぎて家にいないことが多いです。どんなに大きな家、きれいな家に住んでいたとしても寂しかったら長続きしません。

 

どんなことでもそうですがほどほどが丁度よいのです。お金がないのも困りますがありすぎもよくありません。少し貧しくても家族みんなで笑って過ごせる生活が良いのかなって思います。

このページの先頭へ