MENU

不快な体臭・加齢臭の悩み

女性もそうですが特に男性に多い加齢臭の悩み。自分では気付かないことが多いですが、とても嫌なニオイで周りにいる人を不快な気持ちにさせます。この加齢臭は40歳を過ぎた頃から出てしまう人もいて耳の後ろからニオイを発するようです。いまは残念ながら加齢臭をとめることはできません。

 

歳を重ねると誰でも加齢臭は出てしまいます。加齢臭をとめることはできませんが、加齢臭が出てしまうのを遅くすることはできます。その方法はとても簡単です。アーモンドを食べることです。

 

アーモンドに含まれるビタミンEが加齢臭の原因となっている脂肪酸の酸化を防ぎます。要するにビタミンEが含まれる食べ物ならどんな物でも良いのです。

 

ここでアーモンドをオススメするのには理由があります。それはビタミンEはアーモンドやナッツ系に多く含まれいていますし、いつでも簡単に食べられるからです。ただしカロリーが高いので食べ過ぎると太ります。更にニキビができてしまうこともあります。

 

食べ過ぎには注意して毎日食べるように心がけてください。また、食べ物に気をつけたり運動をすることで加齢臭を遅らせることができます。食べ物は肉ばかりを食べるのではなく野菜を多く食べましょう。

 

そして夏などの暑く汗をかきやすいときは、ハンカチやタオルを持ち歩き汗をかいたときにはできるだけ汗を拭くようにしてください。また、エチケットスプレーを持ち歩きニオイが気になるようなとき、汗をたくさんかいたときにはスプレーをしてください。

 

このときのエチケットスプレーは香りがキツくないものを使用してください。なかには香水やエチケットスプレーのような香りが嫌いな人もいます。加齢臭をとめることはできませんが、少し注意するだけで周りの人を不快にさせないための対策はできます。それをするかしないかは、その人次第です。

 

また加齢臭などの体臭策用のボディーソープも数多く販売されていますが、その効果については実際どの程度の効果があるのかよく分かりません。そんなに高額なボディーソープを使用しなくても通常のボディーソープでも十分のような気もしますが体臭は自分では気づきにくいです。

 

自分ではニオイを発していないと思っていても周りには不快なニオイを発している場合があります。気を遣うようにしてください。

このページの先頭へ