MENU

酒癖の悪い人が多いですね

世の中には酒癖の悪い人が多いです。普段は穏やかな性格なのにアルコールを飲み酔っ払ってくると横暴な態度になったりからみっぽくなったりします。本人も悪気があるわけではありませんが、一緒に飲んでいる人は気持ちよく飲めません。

 

いわゆる酒乱と呼ばれています。私も酒癖はよいほうではなく悪いほうだと思っています。酒癖が悪いというのは酔っ払っていますので対策としてはあまり飲み過ぎないことです。しかし日頃のストレスや悩みなどで疲れている場合は気をつけていても悪酔いしてしまうことが多いです。

 

なので自分の体と相談して今日の体調はどうなの?と聞き、このくらいでやめておいたほうがよいか。もう少し飲んでもよいかを決めることです。また、アルコールもちゃんぽんしないほうがよいです。ちゃんぽんというのはビールを飲んだらビールだけを飲むことです。

 

ビールを飲んでワインを飲み最後に日本酒を飲むなど色々な種類のアルコールを混ぜるような飲み方はやめたほうがよいです。他には空腹時に飲み過ぎないほうがよいと言われていますが、これは人によって異なりますのでなんとも言えません。

 

また、お酒を飲む前に牛乳を飲むと胃に粘膜ができアルコールを飲んでも酔いにくいと言われていますが、これも人によります。牛乳を飲んでアルコールを飲んだら気持ち悪くなってしまった人もいます。せっかくの飲み会がだいなしです。

 

あと、飲み過ぎたときに飲むウコンやドリンクがコンビニにもありますが二日酔いになった時に私は飲んでいます。金額は高いですがけっこう効きます。自分に合ったお酒の付き合い方を見つけてください。

 

理想はアルコールを飲んで酔いそうなときに、これ以上は飲まないほうがよいと理解してウーロン茶や水にかえることです。

このページの先頭へ